コンテンツseoで検索1位を取るためのシンプルなルール

seo-min

長期的にビジネスを成功させ続けるために必須になった「コンテンツseo」

「コンテンツseo」という言葉が一般的になって久しくなって、「コンテンツ・オブ・キング」というキラーワードも飛び交うようになってきましたが、やはり本質をとらえている方があまりいないのかなと感じます。

なので、今回は

「コンテンツseoと何なのか?」というシンプルな問いから、「Google検索1位」を獲得するコンテンツseoの具体的な対策方法についてお話していきます。

 

 

1.コンテンツseoとは

そもそも、コンテンツseoとは、「シンプルなseo対策」×「コンテンツ力」で決まると僕は考えていて、

「シンプルなseo対策」とは、僕の中では「ちょっとだけseoを意識したワードプレス」でブログを運営すればseo対策は十分すぎるくらいだと思います。

今現在、ワードプレスを運営されているなら、後はプラグインを置き過ぎないとか、そういう単純な部分だけ気をつければ良いです。

しかし、seo対策より何より大事な事が僕は「コンテンツ力」だと考えています。

 

1-1.コンテンツとはあなたと僕を繋げるもの

「コンテンツ力」っていうと少し抽象的ですが、要は「その言葉を検索した人が何を思ってその言葉を検索したのか?」を考える事が「コンテンツ力」に繋がります。

検索って今は当たり前になったので、その行為自体を深く考えなくなりましたが、検索とは「その人の思考が具現化したもの」なわけです。

その人が「何か外部から刺激を受けて」それに対して「自分の脳で考え」答えが出なかったから「検索をした」わけです。

あなたも今、この文章を読んでいるということは、「コンテンツseoって実際どうやればいいのか?」や「コンテンツseoってそもそも何なのさ!」という思考の元、検索をして、その結果、今こうして僕の文章を読んで頂いていると思います。

だから今、僕とあなたは繋がったわけです。

これが「刺激」→「思考」→「検索」で巻き起こる凄い現実です。

だって普通は嫌じゃないですか?

どこの馬の骨が書いたのかも分からない人の話を読むなんて、

でもネットならありえるわけです。

なぜなら、「その人が求めているコンテンツ」をダイレクトに届ける事ができるから。

なので、コンテンツseoを考えるときは、その人の「思考」にいかに近づけるかどうか?がコンテンツの質「コンテンツ力」が需要なわけです。

 

1-2.ユーザーが欲しがればそれで良い

すこし極端な表現に感じるかもしれませんが、「検索した人が求めている情報」がそこにあるならコンテンツseoは成功します。

あくまで重要なのは、「その人が欲しい情報がそこにあるかどうか」であって、「誰が書いたのか?」はそこまで重要ではありません。

「誰が書いたのか?」が重要になるのはもっと先の話です。

あなたも「僕が書いた文章」だから読んでいるわけではなくて、「コンテンツseoの文章」だから今こうして文章を読んでいますよね?

そういうことですね。

まずは「ユーザーが求めている情報を届ける」これがコンテンツseoの始まりのラインです。

 

2.コンテンツseoの成功事例

では実際に、僕がコンテンツseoをちゃんとしているな〜。と感じるサイトを成功事例として見て行きましょう。

それぞれ色んな形のコンテンツseoのかけ方をされていますので、参考になると思います。

 

2-1.コンテンツseoの成功事例1 王道で勝負

歯医者が教える歯のブログ

コチラのサイトは王道のコンテンツseoのかけ方をしています。

「歯の治療」「虫歯」の対策コンテンツを、綺麗に整理整頓してユーザーに見やすくして運営しています。

もちろん、訪れて欲しい人は「歯の治療に関して悩んでいる人」「虫歯に悩んでいる人」に限定しています。

「ターゲットを絞って、彼らが必要とするコンテンツを丁寧に提供する」

まさに王道のコンテンツseoのかけ方ですよね。

 

2-2.コンテンツseo成功事例2 量で勝負

GIGAZIN-ギガジン-

続いてのサイトはギガジンさんですね。

ギガジンさんは有名なのであなたもご存知だと思います。

ギガジンさんのコンテンツseoのかけ方はちょっと特殊で「量で勝負」です。

1日20記事前後の量の記事をあげていますので、とにかく全て話題のキーワードはかっさらう気持ちで運営をしているかと思われます。

まぁギガジンさんは、独自サーバー、自前のライターさんで書きまくっているので、個人の方にはちょっと難しいかもしれませんが、

会社を経営されている方なら十分にできるコンテンツseoのかけ方かと思います。

 

2-3.コンテンツseo成功事例3 面白さで勝負

だまされない女のつくり方

このブログを運営している藤本さんという方は元ホストで情報発信者というちょっと特殊な経歴をお持ちの方ですが、

彼の記事タイトルをご覧頂いたら分かりますが、キーワードの入れ方結構むちゃくちゃです。

でも彼のブログは月間100万PVを超えていますから、訪れた人が何記事も読みたくなるようなコンテンツを書いているということです。

「面白い文章で最終的には多くのアクセスを集める」という戦略をとっているわけです。

 

3.コンテンツseoをかける際の最適な文字数

コンテンツseoをかけて検索1位を取りに行こうと思えば、それなりの文字数は必要です。

「記事が読まれた時間」もGoogle大先生は見ておりますので、読まれた時間を長くするなら、

良いコンテンツを作ろうと思えば、必然的に文字数は多くなりますからね。

 

3-1.基本の文字数は3000文字以上

具体的な「何文字」という定義は決まっていませんが、僕の中では最低でも「3000文字」かなと感じます。

まぁ文字数はキーワードとコンテンツの種類によりますが、とにかく量を書くという事は大切かなと思います。

「量を書くのがしんどい」と思う方は、まずはキーワードから記事タイトルを決め手、それからh2ヘッダを複数用意して、

「h2ヘッダごとに500文字」のようなルールで小分けにして書けば、意外と簡単に3000文字はクリアしますよ。

 

3-2.だらだらと文字数が多いだけではNG

当たり前のことですが・・・

「意味のないだらだらした文章」を読むほどユーザーはヒマではありません。

なので、「意味のある文章」を書いてくださいね。意味ある文章とは「ユーザー」が求めている文章そのものです。

「ちゃんと役に立つ」「ちゃんと読んでいておもしろい」文章を書かなければ、すぐにページは閉じられてしまいますからね。

 

4.コンテンツseo対策

「コンテンツseo対策はワードプレスで十分」と冒頭でお話しましたが、本当に十分です。

それでも検索1位はちゃんと取れます。下手にあれこれ小技を使うからいつまで経っても1位が取れないんです。

 

4-1.コンテンツseo対策はシンプルに考える

ここでの「シンプル」というのはあくまでコンテンツseoメインは「ユーザーが知りたい文章」だと知ることです。

もしも僕がこの記事で「コンテンツseoと全く関係が無い文章」を書いていたとしたら、あなたはこの文章読まないですよね?

「ユーザーが知りたい文章を書く」

当たり前のことですけど、しっかり意識して書かないとブレるのが人間ですので、しっかり書いてくださいね。

 

4-2.小手先のseo対策は逆効果だと肝に銘じる

基本的にyoutubeからのリンクやフェイスブックなどSNSからのリンクでseo対策は十分です。

良いコンテンツを作っていれば、後は勝手に順位は上がっていきます。

seo対策業者に頼んだり、被リンクをむやみに集めることは、「良いコンテンツが作れるようになった後」です。

それの過程をすっ飛ばしてseo対策をしようとするからアクセスが集まらないんです。

seo対策ばっかりしたコンテンツは逆効果になりますので、そこんところは注意して下さい。

 

5.コンテンツseoとコンテンツマーケティング

僕はコンテンツseoとコンテンツマーケティングはほぼ同じものだと考えています。

どちらも根幹にあるのは「良いコンテンツ」を作った結果「たくさんの人に届く」という状況です。

良いコンテンツだったら勝手に広まっていきますからね。

それこそ僕が「コンテンツseo成功事例」でもお話した3サイトに関しては、僕が「良いもの」だと判断したから、

こうしてあなたにも伝わったわけです。

 

5-1.コンテンツマーケティングは個人でも法人でも関係ない

ネット時代の最大のメリットと良いますか、ネットの上では個人も法人も関係ありません。

例えば、僕が以前、有名なダンスボーカルグループ(誰でも知っているレベルです)のメンバーの記事が検索1位になったんですが、

そのダンスボーカルユニットの公式サイトよりも僕の記事の方が上でしたからね。

ユーザーが求めるコンテンツを提供していれば、こういう大逆転劇を繰り広げることも可能なんですね。

 

5-2.つまるところ「ユーザーは何を求めているか?」

結局、コンテンツseoの最終的な成功のラインは「ユーザーが求めているコンテンツ」の提供にあります。

「なぜ、この人はこのキーワードを検索したんだろう?」

「なぜ、こんな悩みが出てきたんだろう?」

といった「ユーザーへの興味」がコンテンツseoの成功を分けているということです。

まずはあれこれ考えずにとりあえず、キーワード拾って、文章を書く。

という事を繰り返していれば自然に見えてくると思いますので、とりあえずやってみる。

を繰り返してみて下さい。

CTR-min
CTRC-min