年収1億円を11年連続で達成した彼に稼ぐ秘訣を聞いて来た

wasairabureset
和佐大輔
年収1億円を11年連続で稼ぎ続ける男、和佐大輔(わさだいすけ)

12歳の時に事故に遭い首から下がほとんど動かない半身不随の第一級身体障害者

口に割り箸をくわえてタイピングをしているにもかかわらず起業1年目からずっと年収1億円を稼ぎ続けている。

伊良部渉
個人で400万人集客した男、伊良部渉(いらぶわたる)

元ブラック企業社員、会社の倒産を経験。2ヶ月の準備期間で起業。

現在はコンテンツ販売、物販サイト運営、とある男性ボーカルダンスユニットのファンブログ運営など、マーケッター活動からコピーライター活動など様々なビジネスを1人で展開している。

 

伊良部 どうも伊良部です。今回の対談シリーズでは、僕、伊良部が本当に生きたかった人生を取り戻す方法のガイド役として、

11年連続年収1億円を稼ぎ続けている。和佐大輔さんに色々お話をお伺いさせて頂こうと思います。では和佐さん宜しくお願い致します。

和佐 はい、よろしくお願いします。

伊良部 まずですね。私の方から和佐大輔さんの簡単な経歴をご紹介させて頂くと、和佐さんは12歳の時に事故にあって、首の骨を折ってしまって、

それから半身不随の車椅子生活になってしまったんですけど、その後ですね。17歳で起業して、以来11年間。連続年収1億円を稼ぎ続けているんですけど、

今回の対談シリーズでは、和佐さんが半身不随の車椅子生活にもかかわらず、どうやって自分の生きたい人生を送り続けられているのか?

その方法を中心にお聞きしていきたいと思います。

早速なんですけど、和佐さんが考える。「自分が本当に人生を取り戻すために必要なチカラって何ですか?」

和佐 簡単に言えば、僕は「ポジショニング」だと思いますね。

伊良部 ポジショニングですか?

和佐 そうです。要するに「自分の価値を発揮できる場所」ってのがないと思い通りに生きれないじゃないですか。

多分、「思い通りに生きれてないな」って思う人っていうのは、自分がそこにいる存在価値というか、理由っていうのが明確に信じれないというか、感じられないからだと思うんですよね。

例えば、普通にサラリーマンとして就職した場合っていうのは、もちろん必要な人材だから就職するわけですけど、じゃ自分だけかっていうとそうじゃないじゃないですか、要は、代わりがいるというか・・・

だから、そういう意味でそのポジションって替えがきくポジションだと思うんですよね。

そうじゃなくて、本当に自分にしか出来ないことだったりとか、自分が本当の意味で役立っていること、っていう所に自分が置けるのであれば、かなり、思い通りの人生になるんじゃないかと思うんですよね。

それがキッカケというか、それがその延長線上で、多分ビジネスだったりとか、経済的な自由っていうのを得られると思うんで、

1番はやっぱり自分のチカラってのが思う存分発揮できる場所ってのに自分を置くってのは、すごく重要な事だと思います。

伊良部 なるほどですね。じゃ自分の存在価値を知って、その存在を認めてくれる場所に自分から移動していこうってことですかね。

ポジショニングを、一般の方が身に付けるとしたら、まず、どのような事に注意して日常を送ったらいいんですかね。 

和佐 まず1個として、自分が何に向いているかとか、どういう価値があるかとかって分かんないと思うんですよ。普通は、だからそれを知るためにも、「いろんな人と接点を持つってことが重要ですよね。」

伊良部 いろんな事を知る。つながるって事ですかね。

和佐 そうそう、知るって事もそうだし、実際に人と会って話すって事もそうですよね。

だから、意外とね「自分が大したことじゃ無いと思っている事」が周りの人、全く違うところにいる人とあった時に「スゴイ!」って言われるわけですよ。

分かりやすく言えば、外国に行たっら「日本人スゲー!」って思われるとか、そういうのがすごく分かりやすいですよね。だってそれ外国行かないと分かんないですよね。

伊良部 そうですね。行ってみないと分からない。

和佐 そうそう、行ってみないと分からない。

あるいは、外国人と会って話してみないと分からない。最近ね。テレビとかでも「YOUは何しに来たの?」とか、外人がね。

日本に来た理由とか、日本で驚いた事とか、結構テレビとかでもやっていると思うんですけど、面白いからテレビでやるわけじゃないですか、ギャップがあるから。

それくらい、僕らが思っている「自分が思う自分の価値」って物と「他人が思う自分の価値」ってのは違うんで、まずはそのギャップを知るってことですね。

伊良部 ではギャップを知るためには、とりあえず人に会いに行くしか無いってことですね。

和佐 会ったほうがいいですね。出来る限り広い。

だから、新しく何か勉強し始めるって事はすごく良いことなんですよね。だって、自分が知らない世界を見れるし、そこの人達と会えるわけじゃないですか。

1番ダメなのは、毎日会う人と会って、毎日行く場所に行って、毎日同じものを見て、毎日同じ様なものを食べるってのが、1番ダメなパターンだと思います。

次の対談記事「毎日がつまらないと感じている人へ日常を楽しく生きる方法」

11年連続年収1億円の和佐大輔と400万人集客した伊良部渉の対談音声を無料でプレゼント中

和佐大輔さんに聞いた「年収1億円を稼ぐ方法」が無料で学べる通信講座の登録はこちらから→「Reset〜本当に生きたかった人生を取り戻す方法〜」

CTR-min
CTRC-min