WordPressインストール方法&パーフェクト初期設定

WordPress00

どうも伊良部です。今回は、

「WordPressのインストールから初期設定までを2時間でやってしまおう!」

というテーマで僕と一緒にWordPressのインストールから始めていきましょう。

 

とくに初期設定は、WordPressを今後運営していくためにも

「丁寧に」やっていきましょう。

ココでの「丁寧さ」が、後の数百万アクセス、数千万円の利益に関わってきます。

 

では、早速行きましょう。

 

 

WordPressのインストールはXサーバーで

 

僕は、WordPressの運営をXサーバーで行っているので、

Xサーバーで解説をしていきますが、

もし、あなたがまだXサーバーを利用されていないのであれば、

ぜひ、WordPressの運営はXサーバーで行って下さい。

 

僕がWordPressを押している理由は2つ。

・最高のコストパフォーマンス(簡単、安い、強い)

・最高のセキュリティ

この2つです。

 

まず、XサーバのWordPressのインストールはほぼ自動です。

FFFTPなどのソフトを導入しなくてもすぐにインストールが可能。

細かいサーバー運営等にはFFFTPは必要ですが、「今」はいりません。

 

そして、安い.

X10プランなら月々1080円でサーバーレンタルが可能で。

 

最後に強い。

僕が過去に運営していたブログに1日5万アクセス来た時でも

サーバーダウンすること無くちゃんと動いていました。

 

そして、最強のセキュリティですが、

2年ほどまえに起こった「ブルーフォース・アタック」の時でも

僕のブログは全く問題なく動いていました。

 

なので、Xサーバーとの契約がまだであれば

まずはXサーバー のご登録からどうぞ。

Xサーバー登録はこちら(アフィリリンクじゃありませんので素直によろしく)

 

 

サーバーパネルからWordPressのインストール

それではXサーバーに契約後、URLも購入後ということでお話をしていきましょう。

 

Xサーバー契約後、返信メールにある「サーバーID」「パスワード」から

サーバーパネルにログインします。

WordPress01

 

「サーバーパネル」が表示されたら、

「ドメイン設定」をクリック。

 

 

WordPress02

 

 

購入したURLを

「ドメイン」の枠に入力後、

「ドメインの追加」をクリック

 

 

WordPress03

 

ドメインは手動入力なので、お間違えのないように、

 

WordPress04

 

ドメインを入力、クリック後に

「ドメイン設定の追加を完了しました」のメッセージが出たら

サーバーパネルのトップに戻ります。

 

WordPress05

 

トップに戻ったら、「現在の設定対象ドメイン」を確認後

「自動インストール」をクリック。

WordPress06

 

「WordPress日本語版」の「インストール設定」をクリック。

 

WordPress08

 

「プログラムのインストール」をクリックして、

「ブログ名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力後、

「インストール(確認)」をクリック。

 

WordPress09

 

内容を確認後、「インストール(確定)」をクリック。

WordPress10

 

「ログイン用URL」と「ID」と「パスワード」が表示されるので、

必ずメモして下さい。

 

WordPress11

 

 

これで、WordPressが設置されました。

設定が反映されるまで数時間かかるので、

今しばらくお待ちください。

ブログに飛ぼうとすると、下記の様な画面になるはずです。

 

WordPress12

 

 

WordPressのインストール後の初期設定方法

それでは、WordPressの設定が反映されたところで、初期設定をしていきましょう。

まずはWordPressにログインします。

 

「WordPress設定時のID」「パスワード」を入力。

 

WordPress13

 

ログインすると管理画面に飛ぶので、まずは「WordPressのテーマ」からインストールします。

「外観」「テーマ」の順番でクリック。

 

WordPress14

 

「新しいテーマを追加」をクリック。

 

WordPress15

 

「新規追加」をクリック。

 

WordPress16

 

「テーマのアップロード」をクリック。

 

WordPress17

 

すると下記のような画面になりますので、

一旦、WordPressの設定は放置しておいて下さい。

 

WordPress18

 

WordPress最高の無料テーマ「Xeory(セオリー)」

では、WordPressのテーマを導入していきます。

今回は、無料のWordPressテーマでは最高の品質を誇る「Xeory」を導入していきます。

 

Xeoryは、一度設定してしまえば、CTRやSNSの連携が自動になるなど、

ブログ運営に申し分ない機能がはじめから備わっております。

 

なので、初心者でも検索上位を取りに行くことが可能になります。

 

ではXeoryを導入していきましょう。

 

WordPressのテーマ「Xeory」のダウンロード

 

まずは「Xeory」で検索。

WordPress19

 

「ダウンロード(無料)」をクリック。

今回はXeory Bassで行います。

 

WordPress20

 

「無料ダウンロードする」をクリック。

 

WordPress21

 

すると無料の登録フォームへ飛ぶので、

「姓名」から「パスワード」まで入力後、

「新規ユーザー登録」をクリック。

WordPress22

 

WordPress23

無料ダウンロードページに飛ぶので、

「無料ダウンロードする」をクリック。

 

WordPress24

Xeoryのダウンロードを確認後、

WordPressの管理画面へ戻りましょう。

 

テーマ「Xeory」をWordPressに導入する

先ほど、一旦放置しておいた、WordPressの管理画面に戻り、

ダウンロードしたXeoryのファイルを選択し、インストール。

WordPress25

 

「有効化」をクリック。

 

 

WordPress26

 

右上のブログタイトルをクリックして、

テーマが反映されているか確認しましょう。

 

WordPress27

 

WordPressインストール後のパーフェクト初期設定

さて、Xeoryが反映されているのを確認したら、

「初期設定」をクリックします。

 

WordPress28

 

「トップページのタイトル(検索用のブログタイトル)」

「トップページの説明」を入力。

 

WordPress29

 

 

「トップページのタイトル」「トップページの説明」を入力後下へスクロール。

「Googleツールの設定」にいきます。

 

検索上位を獲得するのに必須のGoogleアナリティクスとウェブマスターツールの設定

 

ココでは「Googleアナリティクスの設定」

「Googleウェブマスターツールの設定」を行います。

 

WordPress30

 

まずは「Googleアナリティクス」の設定から。

「Googleアナリティクス」と検索。

 

WordPress31

 

アナリティクスのページに飛んだら、「アカウントを作成」をクリック。

 

WordPress32

 

Googleアカンとを持っている場合は、ログイン画面になりますので、

そのまま入っていきます。

WordPress33

 

Googleアナリティクスの管理画面になったら、

「アナリティクスの設定」をクリック、

「プロパティ」「新しいプロパティを作成」をクリック。

 

WordPress34

すると、新しいプロパティの作成画面に入るので、

「ウェブサイトの名前(ブログタイトル)」

「ウェブサイトのURL」

「業種」「タイムゾーン」の順番に入力。

 

WordPress35

「トラッキングIDを取得」をクリック。

 

クリック後、アナリティグの管理画面に飛ぶので、

「プロパティ」から「トラッキング情報」「トラッキングコード」をクリック。

 

WordPress36

 

トラッキングコードの画面に飛ぶので、

「コードをすべてコピー」します。

 

WordPress37

 

WordPressの初期設定画面に戻り、

「コピーしたトラッキングコードを貼り付け」します。

 

WordPress38

 

次に「ウェブマスターツール」の登録。

 

WordPress39

ウェブマスターツールの管理画面にログインし。、

「プロパティを追加」をクリック。

 

WordPress40

 

プロパティを追加で

「管理するプロパティのURL」を入力して下さい。

とポップアップが出るので、入力。

 

WordPress41

 

入力すると「SearchConsole」の管理画面に飛びますので、

「別の方法」→「HTMLタグ」の順にクリック。

すると「metaタグ」というコードが出てくるので、こちらをすべてコピー。

 

WordPress42

コピーをしたら、WordPressの管理画面に戻り、

「Googleウェブマスターツールの設定」にすべて貼り付けします。

そして、保存を必ずしてください。

 

WordPress43

 

ここで、もう一度、

「SearchConsole」画面にもどり、

「確認」をクリック。

 

WordPress44

 

「所有権が確認されました。」のメッセージが出たら成功です。

 

WordPress45

 

最後に自分でURLが設定できるパーマリンク設定

 

 

所有権が確認できましたら、

もう一度、WordPressの初期設定画面へ、

ココで「その他設定」の編集をします。

※SNSとの連携はまた別の記事でお話します。

 

「カラー設定」は自分のお好みの色で、

「ソーシャルボタン」もとりあえずはノータッチでお願いします。

 

ココでは「ブログのカラム」と「パーマリンク設定」を行います。

 

ブログのカラムは「2カラム右メニュー(ウィジェット)表示」でお願いします。

これは、人間がWEBを見ている時に視線の移動が「F」の文字なりに動くことから

最も重要なコンテンツを左に寄せるためです。

 

そして、「パーマリンク設定」

「カスタム構造」にチェックを入れた後、

/%postname%/」と入力して下さい。

 

WordPress46

 

「/%postname%/」を使用すると、

ブログの記事を投稿する時に、個別で「URLの設定が自分で出来る」からです。

SEO対策をするためにキーワードをURLにも盛りこんでいきましょう。

 

「パーマリンク」は例えばこの記事なら、「WordPress-install」と設定します。

コレでより、特定のキーワードをGoogleに拾ってもらい。検索上位を狙いやすくしているわけです。

WordPress47

 

入力後の「変更を保存」をお忘れなく。

 

これでひと通りの「WordPressのインストールとインストール後の初期設定」は終了です。

 

アクセスを多く呼び込むためにも、丁寧に、丁寧に、やっていきましょう。

それでは最後までお疲れ様でした。

CTR-min
CTRC-min